カテゴリー:社会の記事一覧

試してみたらこうなった

食や健康の話題をメインに、アリヤが試した結果をお話します。

カテゴリー:社会

健康には昔ながらの和食が良い?実は栄養状態が悪かった昭和の子供達

 

「和食はヘルシー」と言われているので、欧米化する前の純粋な和食を有難がる人は多いです。

 

 

 

昔ながらの和食

 

 

 

・・・というイントロは、とても耳障りが良く、牧歌的で健康的なイメージです。

 

 

 

しかし、イメージだけで物事を判断するのは軽率です。実態をみなければいけません。

 

 

 

確かに「昔の日本人」は、粗食であるにも関わらず、現代人がとても真似出来ないような重労働をしていました。

 

 

その部分だけにフォーカスを当てると、確かに凄いですし、「彼らの食事である粗食に、パワーの秘密がある」と考えたくなるのは分からないでもないです。

 

 

 

しかし、もう1つの事実である「昔の日本人は寿命が短かった」という事を無視してはいけないと思うのです。

 

 

 

もし、昔の人が本当に短命だったなら、果たしてそれは、我々現代人の目指すべき姿でしょうか。

 

 

それとも、「昔ながらの和食を真似して食べる人達」は、「重労働ができるけど短命な、昔の人のような人生」に憧れているのでしょうか。

 

 

 

・・・決してそんな事はないはずです。

 

 

 

「和食をヘルシーだと思って、真似して食べる人達」は、前者の「昔の日本人は、重労働に耐えられる強靭な体力があった」という部分だけを見て、後者の「寿命が短い」という部分が見えていないのです。

 

 

また、見えないように誘導されているのです。

 

 

そうでもなければ、好き好んで、短命になるような食事はしません。

 

 

ハッキリ言って、一般的な現代人にとって、「生きていくのに困らないだけの体力があれば、健康で長生きできる人生」の方が価値があると思います。

 

 

和食ファンには悪いですが、昔ながらの和食、そして、それを食べていた日本人は、「健康で長生きを目的とする人」の目指す方向ではありません。

 

 

「和食はヘルシー」という説は、信憑性に欠けるものばかりだからです。

 

 

本記事では、何故、昔ながらの和食が良くないのか、そして、それを食べていた人の健康状態がどうだったのか・・・についてお話します。

 

 

 

和食は健康によくないと語っているのであって、味がよくないという意味ではありません。

 

 

この記事の続きを読む

治療や食事について、家族・周囲と揉める可能性は誰にでもあります

治療や食事について、家族・周囲と揉める可能性は誰にでもあります

健康、病気、栄養について調べていくと、常識や一般論と間逆の説に行き着く事があります。

 

調べた本人は、それで納得するのですが、問題はその後です。

 

常識と逆ですので、実践したり、その話をすると、周囲から変な目で見られます。「食事」や「運動」程度なら大した対立にはならないかもしれませんが、これが「病気の治療」となると穏やかではありません。

 

 

ところで、あなたが「健康になるための正しい知識を手に入れたい」と思うとしたら、その動機は何でしょうか?

 

おそらく「自分の為、周囲の人の為になんとかしたい」がほとんどだと思います。

 

「自分や周囲の人を守る為に使おう」と思って集めた情報なら、その為に使いたいですよね。

 

しかし、せっかく集めた情報が使えない場合があるのです

 

 

この記事の続きを読む

トマト缶を使ったレシピは多いのにトマトパックは売れ残る。安全な商品の需要について考えてみた

トマト缶を使ったレシピは多いのにトマトパックは売れ残る。安全な商品の需要について考えてみた

 

だいぶ前に、「専門家が食べない七つの食品」“7 Foods the Experts Won’t Eat” という記事を読みました。

 

その中では以下の食品が危険な食品として挙げられていました。

 

 

●トマト缶

●洋食サーモン

●トウモロコシを食べて育った牛

●電子レンジで作るポップコーン

●有機栽培でないじゃがいも

●成長ホルモンを与えられた牛の牛乳

●オーガニックでないリンゴ

 

 

 

このうちの「トマト缶」について考えてみたいと思います。

 

 

この記事の続きを読む

健康情報の実態と、間違った説がなかなか訂正されない理由

健康情報の実態と、間違った説がなかなか訂正されない理由

このブログでは、主に健康や、糖質制限についての話を書いています。

 

私は繰り返し、「こうやったら健康になります」とか、「こうしたら体に悪いから気をつけましょう」と言っていますが、 実は、私が本当に伝えたい事はそういうことではありません。

 

私は「健康になる情報を提供したい」のではなく、一人一人が、いい加減な情報に惑わされる事なく、より良い選択ができるようになって欲しいと思っています。

 

それが出来ると、有益な情報が手に入るようになるからです。

 

教科書には書いてあるけど、本当かどうかわからない上辺だけの情報を提供して終わり、ではなく、「当たり前な事でも矛盾に満ちていれば疑う、探求する」・・・そういう能力や習慣を身につけて欲しいと思っています。

 

言われた事を、何の根拠もなく信じるのは危険です。

 

何故なら、世の中に健康情報は溢れていますが、デタラメなものが多いからです。これは、素人の書いたものだけではなく、専門家、医師、論文もです。

 

「ネットの情報は嘘」と言われているのでネットの情報に対して疑う人は多いですが、世の中は健康情報に限らず嘘だらけなので、専門家、医師、論文の主張する内容にも同じような姿勢で対応して欲しいと思います。

 

 

 

この記事の続きを読む