カテゴリー:母子と健康の記事一覧

試してみたらこうなった

食や健康の話題をメインに、アリヤが試した結果をお話します。

カテゴリー:母子と健康

発達障害を遺伝として片づけない。母親の鉄不足が子供の脳に与える影響とは

発達障害を遺伝として片づけない。母親の鉄不足が子供の脳に与える影響とは

 

母親の不足が原因で、生まれてくる子供が発達障害である「ADHD(注意欠陥・多動性障害)」になる可能性があると知ってショックでした。

 

 

「アスペルガー症候群」に関しては、とうなのかわからないですが、どちらにせよ、栄養不足が子供の脳にダメージを与えるというのは間違いないようです。

 

 

前回は、鉄不足が脳に与える影響について説明しました。

 

鬱や睡眠障害や発達障害の原因を栄養の視点から考える。鉄不足が脳に与える影響は深刻だった

 

こちらの記事でも発達障害について触れましたが、本記事は続編で、母親の鉄不足がどう発達障害に繋がるのかについてお話します。

 

 

 

一般的に、現在、発達障害の原因は、わかっていないそうです。

 

『Medical Note 大人の発達障害の種類とその症状・特徴―自閉症スペクトラムとADHD、LD』より引用

 

発達障害に原因はあるのか?

 

はっきりとした原因は分かっていませんが、基本的には生まれつきのものと考えられています。

 

遺伝の要素は強いとされています。たとえば、一卵性双生児における発達障害の一致率が高い(双子が二人とも同じく発達障害となる)ことが知られています。

 

遺伝的な要因に加え、生まれる前後くらいまでの環境的な要因も影響する可能性が指摘されていますが、水銀との関連などのように否定されているものもあります。

 

 

これが「一般的な見解」だと思うのですが、それにしても食に問題があるという発想がありません。

 

鉄のの字もありません。

 

他の原因として、「社会毒の摂りすぎ」、「妊娠中の感染症」、「遺伝」も否定できません。

 

しかし、「栄養不足が原因でなる」という可能性はありえると思います。

 

 

というわけなので、「鉄不足」、それも母親の鉄不足が子供の脳にどのように影響するのかお話していきます。

 

 

 

この記事の続きを読む

フェリチンと鉄不足について分かりやすく説明してみた

 

貧血でフラフラする

 

 

・・・「鉄不足」と聞くと、こんなイメージが湧くのではないでしょうか。

 

 

一見、大した事なさそうですが、実は「鉄不足」は、体にとって非常に深刻な問題です。

 

 

しかし、日本では「鉄不足」を甘くみている人が多いです。

 

 

欧米では小麦に「鉄」を、中国では醤油に「鉄」を入れる・・・といった対策が取られているそうですが、日本では、そのような対策は取られていません。

 

 

そして、通常の血液検査では、「ヘモグロビン」の値は測りますが、体内にどれくらい鉄が貯蔵されているかが分かる「フェリチン」の値は測りません。

 

 

 

生理がある女性は、毎月「鉄」を失うので、深刻な鉄不足になっている人が多いのですが、病院では、通常「ヘモグロビン」しか測らないので、「鉄不足」になっているかどうかが見逃されてしまいます。

 

 

鉄不足の悪影響は「貧血」に留まりません。特に女性が鉄不足のまま妊娠・出産すると、後々子供の成長にも影響します。

 

 

 

鉄が不足すると、どんな食事法も効果がなくなると言われているくらい重要な栄養素なのです。

 

 

本記事では、「鉄不足」と、「鉄不足」かどうかを調べる「フェリチン」について話をします。

 

 

この記事の続きを読む

卵子が老化する原因と防ぎ方。卵子の質を悪化させない食習慣は、不妊症の改善にも期待できる

卵子が老化する原因と防ぎ方。卵子の質を悪化させない食習慣は、不妊症の改善にも期待できる

 

「卵子には寿命があるので老化する」・・・と言われていますが、世の中には、同じ年齢でも、老化が早い人と、遅い人がいます。

 

 

老化のスピードを加速させている原因は色々と考えられますが、かなりのダメージを与えているものがあります。

 

 

それは、「糖質」です。

 

 

卵子の「老化」とは、「卵子の糖化」でもあるのです。

 

 

しかし、その事があまり伝えられていないように思います。

 

 

糖質で卵子が劣化する事を知らない若い女性は、糖質の過食を止めません。致命傷を避けないから、どんどん糖化(細胞の劣化)していきます。

 

 

というわけなので、糖質が卵子に与える影響についてお話していきたいと思います。もちろん不妊症とも関係あります。

 

 

 

この記事の続きを読む