鉄の働きについて分かりやすく説明してみた

 

「必須ミネラル」は、全部で16種類あります。今回はこの中のについてお話したいと思います。

 

 

%e5%bf%85%e9%a0%88%e3%83%9f%e3%83%8d%e3%83%a9%e3%83%ab

 

 

 

ミネラルの種類は、約100種類です。

 

 

その中の「生きていく上で欠かせないミネラル」のことを必須ミネラルと呼びます。

 

 

ミネラルがないと生きていくことはできませんし、ミネラルは体の中で造り出すことが出来ないので、食事から摂る必要があります。

 

 

「ミネラルの役割」を簡単に説明すると、体の調整役です。

 

車で例えるとエンジンオイルのようなものです。

 

 

 

そのミネラルの中でも、「鉄」はかなり重要な役割を果たしています。

 

 

 

ただし、「この中で鉄が一番大事」という意味ではありません。

 

 

ミネラルは、お互い協力し合って働くので、「どれか一つだけ摂れば良い」というわけではないのです。

 

 

鉄が機能する為には他のミネラルの力も必要です。

 

 

従って、ミネラルはバランスよく摂る必要があります。

 

 

 

ここで、「バランス」という表現について誤解のないように言っておきます。

 

 

私は常に「バランスの良い食事」を否定しています。「人間は動物食性だから、偏った食事でも動物性食品が人間には合っている」と言っています。

 

 

では、何故私が「ミネラルのバランス」は重要視するのに、「食事の栄養のバランス」はないがしろにするのかと言うと、

 

 

食事(タンパク質15~18%・脂質20~25%・炭水化物50~60%)のバランスは、人間の体の設計図を無視したバランスだから否定しているのです。理に適っていないからです。

 

 

それに対し「ミネラルがチームワークで働いている」のは事実なので、このバランスは理に適ったものであり、無視するべきではないと考えます。

 

 

「バランス」という言い方よりも、「必要なものを必要なだけ摂り、不要なものは摂らない」という言い方が適しているかもしれません。

 

 

 

というわけで、本題であるの話をします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

鉄の使い道

 

 

人間の体内にある鉄の量は、約3g~5gほどだそうです。

 

 

鉄は、体の中で色々な事に利用されます。

 

その働きを表す言葉は、調べるとこれだけ見つかります。

 

 

 

  • 機能鉄

 

 

  • 貯蔵鉄

 

 

  • 組織鉄

 

 

  • 運搬鉄(運送鉄)

 

 

  • 血清鉄

 

 

 

5つか…と思ったのですが、実は人によって分類がバラバラです。

 

 

「鉄は、「機能鉄」と「貯蔵鉄」の2つに分けられる」と書いてあったり、

 

 

「鉄は、「機能鉄」と「貯蔵鉄」と「組織鉄」の3つに分けられる」と書いてあったり、

 

 

「運搬鉄」とか「血清鉄」という言葉もでてくる。

 

 

 

・・・これでは混乱します。

 

 

なので、誰のどんな説を読んでも対応できるように、それぞれの「言葉の概念」を整理してみました。

 

 

 

機能鉄について

 

「機能鉄 きのうてつ」とは、酸素を運ぶ、酸素を貯蔵する・・・等、機能的な使われ方をする鉄です。

 

 

体内の鉄の約70%が機能鉄になります。

 

 

そして機能鉄は、ほとんどが赤血球のヘモグロビンに含まれています。

 

 

 

 

 

 

そして、筋肉の中にある、ミオグロビンという色素タンパク質も鉄を含んでいるのですが、これも機能鉄に該当します。

 

 

赤血球の「ヘモグロビン」が酸素を運搬する係なら、筋肉の中にある「ミオグロビン」は、「ヘモグロビン」から酸素を受け取って、筋肉の中で酸素を貯蔵する係です。

 

 

 

 

  • ヘモグロビン・・・酸素を運搬する

 

  • ミオグロビン・・・酸素を貯蔵する

 

 

 

 

 

貯蔵鉄について

 

 

万が一機能鉄が不足した時に、補う役割があるのが「貯蔵鉄 ちょぞうてつ」です。

 

その名の通り、鉄のストックです。

 

 

貯蔵鉄には、フェリチンと、へモジデリンの2つのタイプがあります。

 

 

  • フェリチン

 

  • へモジデリン

 

 

そして、「鉄不足」かどうかの判断は、通常の血液検査で測る「赤血球」や「ヘモグロビン」の数値ではなく、「フェリチン」が足りているかどうかで判断します。

 

 

通常の血液検査では赤血球、「ヘモグロビン」は測っても、「フェリチン」は測りません。

 

 

その理由を説明します。

 

 

赤血球に含まれている「ヘモグロビン」の鉄は、「体に酸素を運ぶ」という重要な任務があるので、鉄が不足した時も、優先的に鉄が回されるようになっています。

 

 

そういうシステムなので、例え、体全体で鉄が不足していても、ヘモグロビンの数値が足りていれば、一見、鉄があるように見えてしまいます。

 

 

いつでもお金が入っている財布(ヘモグロビン)をみても、その背景にある資産(貯蔵鉄)がどれだけあるかわからないのと一緒です。

 

 

財布にお金が入っていても、貯金がないなら「貧乏」ですね。

 

 

それと同じように、赤血球、ヘモグロビンは問題なくても、フェリチンが低いなら、立派な「鉄不足」です。

 

 

フェリチンは最低50なければ「鉄不足」、理想は100です。

 

 

フェリチンと鉄不足について分かりやすく説明してみた

 

 

そして、この後紹介する「血清鉄」も「貯蔵鉄」と見なされているそうです。

 

 

 

組織鉄について

 

 

「組織鉄 そしきてつ」とは、髪の毛、爪、皮膚などの組織に含まれている鉄です。

 

割合は少なく、5~10%ほどだそうです。

 

 

「貯蔵鉄」が底をついたら、次はこの「組織鉄」が減ることになります。

 

 

 

 

運搬鉄(運送鉄)と、血清鉄について

 

最後に「運搬鉄 うんぱんてつ(運送鉄 うんそうてつ)」と、「血清鉄 けっせいてつ」について分かる範囲でお話します。

 

 

整理していて一番微妙だったのが、この「運搬鉄(運送鉄)」です。検索してもほとんどヒットしなかったので、もしかしたら、この表現は一般的じゃないのかもしれません。

 

 

というわけなので、間違っていたと分かった時点で書き直します。

 

 

 

「トランスフェリン」と言う鉄を運搬するタンパク質があります。

 

 

このトランスフェリン(タンパク質)は、血しょうの中に含まれています。

 

 

「血しょう」とは、血液の液体部分です。

 

 

%e8%a9%a6%e9%a8%93%e7%ae%a1

 

 

 

この液体の中には、「わずかな量のタンパク質」が色々と含まれています。

 

 

その中の一つが「トランスフェリン」です。

 

 

 

%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%b9%e3%83%95%e3%82%a7%e3%83%aa%e3%83%b3

 

 

「トランスフェリン」の仕事は、鉄とくっついて、体内の各細胞に鉄を運搬することです。だから、これが「運搬鉄」のことかもしれません。

 

 

しかし、この「トランスフェリン」というタンパク質と、鉄がくっついたものを血清鉄と言います。

 

 

トランスフェリン + 鉄 =血清鉄

 

 

 

血清鉄は、「血清という液体に含まれている鉄」の事です。

 

 

「血清鉄」の方は、「貯蔵鉄」と見なされる・・・という説もあります。

 

 

で、この血清鉄が、赤血球に含まれている「ヘモグロビン」の原料になります(ヘモグロビンは機能鉄なので、ややこしいです)。

 

 

血清とは、血液を放置した時に上澄みとして残る黄色の液体の事です。「血清」と「血しょう」はそんなに違いません。

 

 

フィブリノゲン(凝固因子)が含まれているか、いないかの違いです。

 

 

「血しょう」からフィブリノゲンなどの凝固因子が除かれたものが「血清(凝固因子が入っていない清い血)」です。詳しくは以下をご覧下さい。

 

 

『健康になれる本 「血清」と「血漿」の違いは?』

 

 

  • 「血しょう」・・・凝固因子あり

 

 

  • 「血清」・・・凝固因子なし

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

「トランスフェリン」と「ヘモグロビン」の違い

 

 

鉄は、単体だと人体に有害です。

 

 

なので、常に「なんらかの鉄結合タンパク質」とセットになって存在しています。セットだと安全なのです。

 

 

で、「鉄を運搬するトランスフェリン」も「酸素を運搬するヘモグロビン」も、中にを含んでいます

 

 

そして、「トランスフェリン」と「ヘモグロビン」は、「血液の中に存在して、何かを運搬する」という点で似ています。

 

 

 

  • トランスフェリンは、液体である「血しょう」の中に存在していて、を運びます。

 

  • ヘモグロビンは、血球である「赤血球」の中に存在していて、酸素二酸化炭素を運びます。

 

 

 

 

 

%e9%81%95%e3%81%84

 

 

 

各細胞に鉄を渡すのが仕事の「トランスフェリン」と違って、

 

「ヘモグロビン」は、「ヘモグロビンを包んでいる赤血球」が壊れるまで鉄を持ったままです。

 

 

 

 

鉄の役割・まとめ

 

 

以下の2つは、

 

 

  • 運搬鉄 → 血清鉄のことかもしれない

 

 

 

  • 血清鉄 → 血清鉄は貯蔵鉄の一つと見なされる

 

 

ということなので、曖昧です。

 

 

情報が確実な以下の3つを覚えておけば十分でしょう。

 

 

 

  • 機能鉄

 

  • 貯蔵鉄

 

  • 組織鉄

 

 

 

体内の鉄で重要なのは、機能鉄です(その中の「ヘモグロビン」)。

 

 

何故なら、「ヘモグロビン」には、体の細胞に酸素を届けるという重要な任務があるからです。従って、体の中の鉄は、「機能鉄」の大半を占める「ヘモグロビン」に最優先で回されます。

 

 

そういう事情があるので、例え鉄が不足しても、とりあえず「ヘモグロビン」の鉄は確保しないといけません。

 

 

従って、優先順位の低いその他のところの鉄から枯渇していきます。

 

 

鉄が不足していく過程は以下です。

 

 

 

①貯蔵鉄が減る

 

 

②血清鉄が減る

 

 

③ヘモグロビンの原料の血清鉄がないのでヘモグロビンが造れない

 

 

 

 

③でフラフラになった頃には、体内の鉄はほとんどないという事です。

 

 

鉄の過剰摂取について分かりやすく説明してみたへ続く

 

 

スポンサードリンク