カテゴリー:見解の記事一覧

試してみたらこうなった

食や健康の話題をメインに、アリヤが試した結果をお話します。

カテゴリー:見解

体が弱い人の無理は要注意です!その理由をパソコンに例えて解説

体が弱い人の無理は要注意です!その理由をパソコンに例えて解説

 

「体が弱い人」が、「平均的な体力の人」と同じように活動すると、負担がかかるので、体を痛める確立が高くなります。

 

人より出来ない分、倍頑張れば良い・・・というセリフは聞こえは良いですが、体を壊して後遺症を患えば、困るのは本人です。

 

「体が弱い人」は、回復力も弱いので、体を壊した場合なかなか治りません。「平均的な体力の人」よりも多めに休まないと元に戻らないこともしばしばあります。

 

物理的に体が弱いので仕方がないことなのですが、人よりも多く休みをとると、世間では間違いなく「怠け者」扱いです。

 

特別な病気を持っていれば証明できるので考慮してもらえますが、ただ漠然と体が弱いというのは全く理解してもらえないのです。

 

 

そして、「怠け者」と言われない為に、必死に頑張って、どんどん壊れていきます。

 

 

「体の弱い人」が無理をして、体が使い物にならなくなるのを食い止める為には、本人の自覚と、周囲の理解が必要です。

 

だから「体が弱い」とは、どういう状態で、何故普通の人と同じように出来ないのかを、普通の人にも理解できるように説明しようと思いました。それが以下の話です。

 

体が弱い人と強い人、両者の違いを車で例えてみた

 

 

この記事では、「体が弱い」というのがどういう状態なのか、を例に説明してみたわけですが、冷静に考えてみたら、今は軽自動車でもかなり性能がよくなっているので、「軽自動車が乗用車に比べて全面的に劣っている」と一概に言えないところもあります。

 

 

車だけを例にすると「今時は軽自動車の方がいいんだ」とつっこまれそうなので、今回は「体の弱い人」を「パソコン」に例えて、違った視点で解説してみようと思います。「パソコン」を使わない人は、「スマホ」や「タブレット」に置き換えてイメージしてみて下さい。

 

 

(追記)最後に解決するヒントも紹介しておきました。

 

 

この記事の続きを読む

体が弱い人と強い人、両者の違いを車で例えてみた

体が弱い人と強い人、両者の違いを車で例えてみた

 

「体が弱い」というと、どんな状態を想像しますか?「病気」ではないですよ、「体が弱い」ですよ。

 

 

例えば、私は「体は弱い」ですが、大病はしたことありません。従って「病人」ではありません。ですが、体が弱いのは紛れもない事実です。体の一つ一つのパーツは、同じ体格、年齢の人と比べてもきゃしゃですし、耐久性に劣ります。

 

「病歴のある人、病人」と「体が弱い人」は、なんとなく同じような感じもしますが、両者は似て非なるものです。

 

体が弱い人は生きていく上で不利ですが、特定の病気を持っているわけではないので、周囲から理解が得られず肩身の狭い思いをします。また、病人ではないので、「自分は元気なんだ」と自分の体の弱さを無視して無理をする為、体を壊しやすいです。

 

体を壊すと、回復力も弱いので苦労します。

 

そうならないように、体の弱い人は体の弱さを自覚する、そうではない人は、体の弱い人に配慮するなどしてほしいと思います。

 

ですが、体の弱さは本人も気が付かない事があります。「みんなこんなもんだろう」と考えているからです。

 

だから、体が丈夫な人は「体が弱い人」の感覚は分からないと思います。10歳の子供が高齢者の体の不自由さを理解できないのと一緒です。

 

病気じゃないなら健康だろ?という程度の認識だと思います。

 

「体が弱い=病気」と混同している人は結構多いので、体の弱さがどういうものなのか、車に例えて説明してみます。

 

 

(追記)最後に体が弱い原因、解決策を書きました。

 

 

この記事の続きを読む

健康ばかり気にする人の特徴と、健康志向の人が不健康になる理由

健康ばかり気にする人の特徴と、健康志向の人が不健康になる理由

 

 

健康を気にしすぎる人っていますね。

 

こんなブログを書くくらいですから、当然私もその一人です。

 

でも、健康関連の話をしすぎると、「健康ばっかり気にしていてもしょうがない」「健康がそんなに大事なのか」「健康が全てじゃない」と、ご指摘をいただくことがあります。

 

このブログを読んで下さっている方も、そう言われた、あるいは言った経験があるかもしれません。

 

なので、多くの人が持つ疑問「健康ばかりに気をつける事になんの意味があるのか」について書いてみようと思います。

 

 

この記事の続きを読む

糖質制限中に起きた食欲不振を治す為に、例外的に甘い物を食べて分かった糖質の依存性

糖質制限中に起きた食欲不振を治す為に、例外的に甘い物を食べて分かった糖質の依存性

私は糖質が多く含まれている「穀物」や「野菜」が好きでしたが、それ以上に「甘い物」が大好きでした。

 

喫煙もしないですし、お酒も飲まないので、唯一の嗜好品である糖質にかなり依存していました。

 

ところが、1日10g以下のスーパー糖質制限を行なったことにより、甘いものはもちろん、お米等の穀物、野菜を欲しいと思わなくなりました。

 

 

「食べたいな」と思っていたのは、始めた2~3週間で、それを過ぎると糖質が無くても平気になります(※ただし、脂質が不足しているとダメです)。

 

 

私は徹底的にやるタイプなので、糖質制限を始めてから、外食以外は厳格に糖質を減らしていました(※たまにする外食は普通に食べます)

 

 

糖質制限が成功してからは、甘い物が食べたくなることはなかったのですが、例外的に自宅で甘い物を食べた事がありました。その期間は3ヶ月です。

 

 

理由ですが、食欲がなかったので、あえて糖質を食べました。

 

 

体には悪かったですが、それによって学んだ事をお話します。

 

 

まず、スーパー糖質制限中に食欲が無くなった原因についてお話します。

 

 

 

この記事の続きを読む