母親の栄養失調と、子どもの骨や軟骨の成長不良【まとめ】鉄

上顎骨の成長不良が、不正咬合や、鼻詰まりの原因になるというお話のつづきです。

 

母親の栄養失調と、子どもの骨や軟骨の成長不良【後編】鼻の疾患

 

ここで、ちょっと有名な写真を紹介します。

 

『未来の日本人の顔』より引用

 

戦後の高校生からの予測

 

大阪のある高校の50年前と最近の卒業アルバムを使い、CGで50年前の平均顔と最近の平均顔を作って比較すると、高校生の顔は50年間で細長く変化していることがわかる。その変化傾向を延長すると、100年後の未来顔2号ができる(図3)。ただし、50年前と最近の高校生では髪型が違うので、未来顔では極端に髪の毛が多くなっていることに注意。

 


図3 変わる高校生の平均顔(画像提供・東京大学工学部原島研究室)
50年前の高校生と最近の高校生の平均顔の違いから、未来の高校生の顔を予測した(未来顔2号)。

 

未来顔の教訓

 

いずれにせよ、顔かたちの変化では、未来顔1号と未来顔2号はたいへんよく似ている。そのことは、縄文時代や弥生時代から2,000年以上かかった変化と戦後50年間の変化がほとんど同じであることを意味している。変化が加速してきているのだ。

 

このまま進めば、未来人は、アイスクリームコーン(これが顔)に、丸いアイスクリーム(これが頭)をたっぷり載せたようになってしまう。

 

未来顔は、若者にとっては、ある意味では格好いいのかもしれない。しかし、顎が細くなりすぎると、歯の生えるスペースが確保できなくなる。その結果、第3大臼歯(親不知)が生えられなくなったり、乱杭歯になったりして、歯の健康のためには危険である。また、顎の関節が未発達だと、少しのストレスで顎関節症を起こすことになる。

 

「50年後の高校生」や、「100年後の高校生」の顔は想像図ですが、「50年前の高校生」と「最近の高校生」の顔は、その時の平均の顔です。

 

確かに細くなってます。

 

この図は、随分昔から存在していて、私がこのCG写真を始めて見た時から、「最近の若者の顎は、昔の若者の顎に比べて細い」なんて言われたりしました。

 

理由はだいたい、「硬いものを噛まないから顎が発達しない」で片づけられます。というか、他の理由は聞いた事がありません。

 

 

その時は、言われるがまま、顎が細いことばかりに目がいっていました。しかし、よく見ると、最近の高校生は、下顎だけでなく、上顎(を形成する骨)から細くなっているのが分かります。

 

全体的に顔の下半分に、横の広がりがありません。

 

 

顎以前の問題なのですが、「硬いものを噛まないから顎が細いんだ」と大合唱されれば、なんとなく「そうかな」と思ってしまいました。

 

引用元の記事では、一応、昔の高校生は「50年前」ということになっています。ということは、彼らが生まれたのは、彼らの年齢15~18歳を引けば、65~68年前ということになります。

 

今2017年ですから、1949年~1952年あたりに生まれた人達の平均です。

 

何故、これほど「最近の人達」と顔のが違うのか、その原因を考えてみました。

 

 

スポンサードリンク

 

母親の質的な栄養失調

 

前回、「鼻中隔軟骨」という軟骨についてお話しました。真ん中に位置し、鼻の土台の役割を果たす重要な軟骨です。

 

 

この軟骨が正常に成長すれば良いのですが、そうではない事の方が多いのです。

 

子どもの「鼻中隔軟骨」の成長が上手くいかないのは、妊娠前、妊娠中の母親の栄養不足に原因があるのです。

 

『歯医者の99%は手抜きをする ダメな歯医者の見抜き方 いい歯医者の見分け方 / 著者:歯学博士 長尾周格』より引用

 

軟骨は主にコラーゲン(Ⅱ型コラーゲン)とプロテオグリカンという糖タンパク質からできていて、特にコラーゲンの合成においては20種類のアミノ酸のほかに、ビタミンCや鉄を必要とします。

 

鼻中隔軟骨が形成される時期に必要な栄養素が不足すると、軟骨の形成不全が起こり、正常な鼻中隔軟骨の大きさに成長できなくなります。

 

このように栄養欠乏と鼻中隔軟骨の成長不良とは密接な関係があるのです。

 

 

妊娠中の鉄分欠乏と軟骨の成長

 

鼻中隔軟骨の成長において鉄分は特に重要な栄養素です。しかし鉄分は人間にとって吸収が難しく、消化器官が完成している大人でも、食べ物に含まれている鉄分のうち体内に取り込むことができるのは30%未満といわれています。そのため、消化管が未発達である6歳までの子どもが、食事から十分な量の鉄分を取り込むことは困難です。

 

しかし一方で、6歳までに脳は大きさにおいて成長をほぼ完了し、上顎の骨の横幅の成長も9割がた終了します。

 

鼻中隔軟骨は、主に妊娠中に母体からもらってきた鉄分によって作られます。ところがこの時期に十分な鉄分が無いと、鼻中隔軟骨の成長不良が起こり、上あごの横幅が成長不良を起こしてしまいます。

 

そのため胎児は母親のおなかの中にいる間に、母体からありったけの鉄分をもらって生まれてきます。しかし妊娠時の母体に十分な鉄分が無かった場合には、子どもが鉄分欠乏の状態で生まれてきてしまいます。

 

(159p~160p)

 

上顎骨の横幅の成長具合は、鼻中隔軟骨の成長にかかっていて、その鼻中隔軟骨はを始めとした様々な栄養素が必要ということです。

 

以前、母親の鉄不足が、子どもの脳に与える影響についてを記事にしましたが、脳だけでなく、骨や軟骨にも影響するというわけです。

 

知らないとマズい。鉄不足は発達障害やウツの原因にもなる(前編)

 

母親の責任は大きいと言えます。

 

子どもの鉄の調達は、妊娠中に母体から貰ってきた鉄に委ねられるので、妊娠前に栄養(特に鉄)をしっかり蓄えておく必要があります。

 

 

女性は、一回の妊娠出産でフェリチン50を失います。

 

 

失うというのは、子どもに持っていかれるということです。当然、フェリチンが50以下であれば、子どもが十分な鉄を貰えないだけでなく、母親も健康ではいられません。「産後のうつ」は、妊娠出産による「鉄欠乏」が原因です。

 

フェリチン(貯蔵鉄)が何なのかよくわからない方は、以下の記事をご覧下さい。

 

知らないとマズい。鉄不足は発達障害やウツの原因にもなる(後編)

 

 

フェリチンは普通、測りませんから、妊娠予定のある人は妊娠前自身の体に鉄がどれだけあるのか、フェリチンを測っておくことをお勧めします。何故なら、女性は生理で鉄不足になるので、鉄を体に蓄えるのは、食事だろうが、サプリだろうが、時間がかかるからです。

 

『ロバスト・ヘルス 飽食先進国で若い女性の貧血が深刻』より引用

 

「じゃあ、妊娠したら鉄剤を飲まないと」と思われたかもしれません。しかしそれでは遅いのです。ヘモグロビンの値が正常化するには6-8週かかります’。

 

英国国民保険サービスによれば、鉄剤は通常、2-4週間ごとに担当医が反応を確認しながら内服を続け、ヘモグロビンが正常値になった後さらに3カ月の継続が推奨されます。

 

貯蔵鉄を満たすためです。妊娠に気づいてからの対応では、胎児の臓器・器官が急速に発達する妊娠初期〜中期に、胎児に「薄い血」を供給することになる可能性があります。

 

鉄を摂取する事の重要性を分かっていただけたのではないかと思います。

 

ところで、冒頭の「50年前の高校生」は、「最近の高校生」に比べて顔の下半分がガッチリしています。ということは以下のように考えられるわけです。

 

●50年前の高校生・・・生んだ母親は鉄が足りていた

●最近の高校生・・・生んだ母親が鉄欠乏

 
スポンサードリンク

 

 

昔の人の成長と鉄分

 

まず、言っておかなければなりません。

 

多くの日本人は「日本食は健康的だ」と思っていますが、私は「昔の日本人の食事」を、健康的だとは思っていません。脂質・タンパク質が不足しているからです。昔の人が感染症にかかりやすかったことなども、栄養が満ち足りていない事が原因でした。

 

しかし、ここで1つ疑問が生まれます。昔の人が不健康なら、何故、「昔の子ども」の方が丈夫に成長するのか?ということです。

 

「50年前の高校生」は、「最近の高校生」に比べて、明らかに上顎骨の横幅が成長しています。

 

それは、「50年前の高校生」の方が、子どもの時に成長に必要な鉄分が十分にあった事を意味します。つまり、

 

50年前の高校生の栄養状態 > 最近の高校生の栄養状態

 

ということになります。これだと不健康なのは「最近の高校生の方」で、「昔の人は栄養が足りていなかった」という説と矛盾します。

 

最近の高校生の方が、タンパク質・脂質といった栄養が満ち足りていて丈夫な気がしますが、実際には上顎骨の成長が不十分です。何故か、タンパク質や脂質を多く摂れる最近の人の成長が悪いのです。

 

 

ここで「健康には、やっぱり昔ながらの和食が良い」と、すぐに和食回帰するのではなく、原因を考えなければなりません。

 

その為には、写真の高校生が生まれたのは65~68年前ですので、1949年~1952年あたりに出産した女性の栄養状態に焦点を当てる必要があります。

 

彼女達の栄養の特徴は以下です。

 

●鉄の羽釜、鉄の包丁、鉄瓶、鉄鍋等を使っていた

●鉄の吸収を妨げる食品、薬剤の利用が、現代人に比べて少ない

●糖質も今程過剰摂取(せっかくのビタミン・ミネラル(鉄等)も糖質の代謝で使われてしまう)ではない

●現代人ほどお菓子の食べすぎではない

●食が欧米化し、タンパク質・脂質が食べられるようになった

●鯨の肉をよく食べた

●戦争経験者で散々ひもじい思いをしているので、現代女性のように「ダイエットしたい」と思わない

 

 

「50年前の高校生」といえば、子どもの時に青っ鼻たらしていた世代ですので、タンパク質や脂質の摂取量は今程ではないと考えられます。

 

ただし、50年前の高校生も、生んだ母親も、戦後、食が欧米化しているぶん、それ以前の世代に比べるとはるかにタンパク質の摂取量が増えたのではないかと思います。

 

そして、食が欧米化しおかずが増えたことで、「大量の穀物とタクアン」のような、植物性オンリー(糖質たっぷり)のメニューになることも減ったと考えられます。

 

また、コンビニで手に入る時代ではないので、間食も、お菓子よりも、庭の果物とかになってくるので、現代人のように好きなだけバクバク食べることも少なかったでしょう。

 

そして、当時は、電化製品が充実していなかったり、家で農業をやっていたりと、現代人よりなにかにつけて労働がハードだった分、糖質を消費しやすかったと思います。

 

野菜も土壌が豊かだったため、今よりもビタミン・ミネラルが含まれていたはずです。

 

タンパク質・脂質が手軽に摂れるようになった事、

糖質量が、今程過剰じゃないのと、重労働で消費されていた事、

今程、社会が化学物質まみれでない事、

ビタミン・ミネラルの豊富な作物が食べられた事、

 

それに加えて、鉄の調理器具を使っていた事

 

・・・等、もしかしたら、この当時の女性は、十分ではないにしろ、偶然が重なって「栄養の良いとこ取り」ができていたのかもしれません。「和食」という献立・調理方法が良かったわけではないのです。

 
スポンサードリンク

 

 

 

鉄製品の効果

 

1949年~1952年に子どもを生んだ女性が食べていた料理は、おそらく鉄製の調理器具で調理されていたと思います。鉄の羽釜、鉄の包丁、鉄瓶、鉄鍋を使っていたはずです。

 

鉄の調理器具で料理をすると、食材の鉄分が豊富になります。あの「ひじき」の鉄分でさえ、鉄鍋の効果によるものだそうです。

 

『医療法人 弘鳳会 専門医のコラム ひじきの鉄分が9分の1 ! 「ひじきは鉄分の王様」 は過去の話…。』より引用

 

ひじきは鉄釜で茹でていたから、鉄分が豊富だったのか !!

 

干しひじきは、原料の海藻を鉄製の釜で煮て渋みを取り、乾燥して作られます。以前はひじきを煮るとき、鉄製の釜が使われていました。しかし近年、使われる釜が鉄製からステンレス製に代わりました。それで、ひじきに含まれる鉄分が減ったというのです。

 

鉄釜で茹でていたから、ひじきの鉄分が多かった…。つまり、ひじき自体には鉄分は多くなかったということでしょう。

 

今回改訂された成分表を見ると、ステンレス釜で加工されたひじきには、100gあたりの鉄は6.2mgしか含まれていません。一方、鉄釜での加工だと58.2mgです。

 

鉄分という観点でひじきを利用したい場合は、原材料の表記で、ステンレス製の釜で加工したのか、鉄製の釜で加工したのかをチェックしたほうがいいでしょう。

 

ひじきのほかに、切り干し大根について見てみると、100gあたりの鉄分は3.1mgで、以前の9.7mgのおよそ3分の1となっています。これも、以前は鉄製の包丁で加工していましたが、ステンレス製の包丁にとってかわったため、鉄分が減ったと考えられています。

 

このように、調理器具が鉄か、鉄じゃないかで、「鉄の摂取量」は変わってきます。

 

1949年~1952年あたりに出産した女性は、鉄を摂れていたのです。

 

それと食が欧米化してタンパク質が手に入るようになった為、 鉄+タンパク質 が摂れる環境だったと言えます。つまり、子どもの出産成長に必要な鉄タンパクがあったのです。

 

それ以前の世代は、鉄製品から鉄の摂取はできても、欧米化していない純粋な日本食だったので、脂質・タンパク質不足だっただろうし、

 

今の世代は、タンパク質・脂質は足りても、調理器具がステンレスやテフロンとか鉄以外の製品になったため鉄が不足しています(※作物はビタミン・ミネラルが少なく、おまけに糖質超過多なので、それらを代謝するのになけなしのビタミン・ミネラルを消費してしまいます)。

 

鉄の吸収にはタンパク質が必要です。現代人のように鉄が足りなくてもダメ、戦前の人のようにタンパク質が足りなくてもダメなのです。タンパク質不足を治さないと、鉄は増えません。

 

だから戦後1949年~1952年あたりに出産した女性は、十分ではないにしろ、偶然が重なって「栄養の良いとこ取り」ができていたのかもしれないと思うわけです。

 

 

昔の日本人は(外国の風刺画に描かれたように)出っ歯が多かったです。出っ歯も不正咬合の1つなので、当時の日本人にも、「上顎骨」の成長不良が起こっていたことになりますが、戦前は、鉄が十分あったとしても、タンパク質・脂質が足りないので、鉄の吸収が悪かった為、不正咬合になったのかもしれません。

 

そして、タンパク質を食べれる環境にあるかどうかは人によって違います。その人の生まれ育った地域の食文化に左右される可能性が高いです。

 

 

昔は、流通も発達していませんし、メディアによる他の地域の影響も今程はありませんでした。今のように日本全国、同じような言葉を話し、同じような店で買い物をし、同じような食べ物を食べていたわけではありません。

 

地域の格差や個性が大きいのです。場所によっては、ほとんど動物性のタンパク質を摂らない地域もあれば、魚や昆虫などからタンパク質・脂質を積極的に摂取していた地域もあります。後者の場合は、タンパク質・脂質+鉄が摂れていたと考えられます。

 

 

戦前生まれの日本人には出っ歯の人もいますが、「50年前の高校生」の写真のように、顎がガッチリしていて、魚の背骨を平気で噛み砕くようなツワモノも多いのです。神経がなくて枯れ木のような歯を持つ私からは信じられませんが、実際に、私の周りにそういう年配者がいます。
スポンサードリンク

 

 

最近の母親の栄養状態

 

50年前の高校生の栄養状態 > 最近の高校生の栄養状態

 

は、言い換えると、

 

50年前の高校生を生んだ母親の栄養状態 > 最近の高校生を生んだ母親の栄養状態

 

ということです。これだと昔の人より、現代人の方が栄養状態が悪いことになるので、そんなことありえるのかなと思ったのですが、実際にそうでした。

 

 

『NAVER まとめ 若い女性の摂取カロリーは終戦直後より低い・・。“痩せすぎ”な人が多すぎる日本』

 

ダイエットもこのレベルになると危険です。

 

戦時中や、終戦直後の食料が無かった話は散々聞かされて育ってきましたので、それ以下って凄いと思います。といっても、糖質制限をする前までの私は、1日1食とか、断食をしていましたので、人のことは言えません。

 

当時は、体温は低いし、何もしなくても疲れるし、代謝は落ちるし、体重は増えないしで、不健康でした。

 

 

健康を損ねるとしんどいですので、栄養失調にならないようにしてください。特に将来、子どもを生む予定のある女性には、この話を知っておいてほしいと思います。

 

 
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


最近のコメント

    ページ上部へ戻る