AGE(終末糖化産物)について分かりやすく説明してみた

 

前回は、体のタンパク質と、余った糖がくっつく「糖化反応」についてお話しました。

糖化反応(メイラード反応)について分かりやすく説明してみた

 

 

「反応」とは、2種類以上の物質の間で「化学的な変化が起こる事」、「別の物質を生じる事」を意味します。「糖化反応」もこれにあたります。

 

で、反応によってできた物質の事を「生成物(せいせいぶつ)」と呼びます。

 

そして、「糖化反応」によってできた「生成物」を、「AGE(または、AGEs)」と言います。

 

「AGE(AGEs)」は、アドバンスド・グリケーション・エンドプロダクツの略で、「s」は複数形です。日本語だと「終末糖化産物」と言います。

 

 

●糖化反応・・・反応

●AGE(AGEs)・・・生成物

 

 

今回は、生成物「AGE」のお話になります。

 

『Wikipedia AGEs』より引用

 

AGEs(エージス、エイジス、エイジズ、エージーイー)とは、Advanced Glycation End Products の略語であり、終末糖化産物、後期糖化生成物 等と訳される。

 

タンパク質の糖化反応(メイラード反応)に因って作られる生成物の総称であり、身体の様々な老化に関与する物質(より正確に言えば、生体化学反応による生成物)と言える。

 

現在判明しているだけでも、AGEsには数十種類の化合物があり、それぞれが多種多様な化学的性質を有する。

 

(中略)

 

AGEsは糖尿病、アテローム性動脈硬化症、慢性腎不全、アルツハイマー型認知症等の変性疾患(英語版)を悪化させると言われる。糖尿病の血管系合併症の原因ともされる。活性酸素による細胞障害を加速し、機能を変化させるという。

 

「AGE」は毒性が強いので、病気の原因を作ります。

 

 

その理由を説明する為に、前回お話した、赤血球に含まれる「ヘモグロビン」を例にします。

 

 

 

 

「ヘモグロビン」はタンパク質です。

 

この「ヘモグロビン」にがくっついたものを、「ヘモグロビンA1c」と言います。

 

もちろん、「ヘモグロビンA1c」は、普通の「ヘモグロビン」とは性質が違います。

 

糖質をたくさん食べる人は、血液中のブドウ糖の濃度が高くなる(血糖値が高くなる)ので、必然的に「ヘモグロビンA1c」の量も増えます。

 

糖尿病の患者さんの「ヘモグロビンA1c」の値が高いのはこのような理由です。

 

あれは、糖と結びついたヘモグロビンが多くなっているから気を付けなさいよという意味のある検査だと思って下さい。

 

何故、気を付けないといけないのかというと、「ヘモグロビンA1c」は、最終形態ではないからです。まだマシなのです。

 

さらに反応が進むと、やがて、次の姿に変貌します。

 

それが、冒頭でお話した、毒性の強い生成物「AGE」です。

 

 

ヘモグロビン

(糖とくっつく)

ヘモグロビンA1c

(悪化)

AGE

 

 

「AGE」は日本語で言うと、終末・糖化・産物ですから、いわば完全体です。

この前に手を打つ必要があります。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

AGE(終末糖化産物)の特性

 

糖質を食べると、血糖値が上がります。

 

そうするとヘモグロビンと余った糖がくっついて「ヘモグロビンA1c」に変化します。

 

この「ヘモグロビンA1c」の値が大きいほど、事態は深刻になってきます。

 

「ヘモグロビンA1c」のうちに血糖値を下げる対策を講じれば、再び「元の正常なヘモグロビン」に戻すことが出来る・・・と言われています。四ヶ月ごとに赤血球が入れ替るからです。

 

ですが、事態を軽くみて、血糖値を下げる努力をしなければ、やがて「ヘモグロビンA1c」は「AGE」という物質に変化します。本当に恐ろしいのは「AGE」なのです。

 

努力次第で減らすことができるのが「ヘモグロビンA1c」です。しかし、「AGE」にはこの作戦は通用しません。

 

「AGE」は元の「ヘモグロビン」には戻らないのです。

 

それどころか、体内に留まって攻撃をしてきます。従って、むやみやたらに体内に「AGE」を作ってはいけないのです。

 

 

●ヘモグロビンA1C・・・元に戻る

●AGE・・・元に戻らない + 攻撃

 

 

今回も山岸氏の著書を参考にさせていただきました。

『老けたくなければファーストフードを食べるな 老化物質AGEの正体 著者:山岸昌一』より引用

 

「ヘモグロビンA1c」が長い時間、高い血糖値の下に置かれると、糖のたんこぶがどんどん増えていきます。そして糖まみれになって、最終的には「AGE(終末糖化産物)」という物質に変質していきます。

 

AGEの姿として、次のようなイメージを想像してみてください。

 

ヘモグロビンというタンパク質の周囲に四方八方からお菓子のように糖がベタベタとくっついた状態です。こうなると、もう元のヘモグロビンには戻ることができません。ヘモグロビンとは似ても似つかない 〝異常な物質〟 に変質していきます。

 

やっかいなのはこのAGEという最終的な糖化物質が、なかなか代謝されずに、長期間体内にとどまるという点です。

 

赤血球が四ヶ月で入れ替わっても、AGEだけは残ってどんどん蓄積されていく。

 

長く人間の体にとどまりつづけるということから、「高血糖の記憶」という現象と一致するのではないか。血糖値を元に戻しても、高い血糖値のときと同じように合併症の病気が進行するのは、AGEがそのまま体内にとどまりつづけるからではないか。

 

このことを確かめるために、AGEを人工的につくって、人間の細胞にふりかけてみました。

 

するとどうでしょう。このAGEは予想通りに細胞を攻撃したり、組織を劣化させ、老化を加速させた。悪さの限りを尽くしたのです。

 

そしてひとたびAGEまで進化すると、元のタンパク質には戻らない。

 

「ヘモグロビンA1c」は正常なヘモグロビンに置き換わりますが、AGEのほうは二度とヘモグロビンには戻りません。

 

その上、長いこと人間の体内にとどまって悪さをする。「高血糖の記憶」という現象も、AGEによってきれいに説明できるわけです。

 

(32p~33p)

 

糖質制限を始めた人が、調子を崩したり、亡くなったりすると、「糖質制限が悪い」と騒がれます。きちんと調べずに実践する。本人は糖質制限だと思っているが、糖質を減らしたうちにはいらない中途半端な糖質制限だった・・・というケースが多いですが、

 

中にはこのように、過去の不摂生による「高血糖の記憶」が、糖質制限を始めた後も消えず、影響している可能性も十分に考えられます。

 

多くの人は「病気になってから気をつければいい」と思っていますが、そんなに簡単にはいかないと思います。

 

ここで、どのくらいの期間がかかるのか目安を見てみましょう。

 

 

『Wikipedia 糖化反応』より引用

 

糖化された物質は体内からゆっくりと排出され、糖化生成物の半減期はなんと細胞の平均寿命の約2倍にもなる。

 

赤血球細胞は体内で最も短い寿命で約120日であり、糖化生成物の半減期は240日である。この事実によって、血中の糖化されたヘモグロビン濃度を観察することにより糖尿病患者の血糖管理状態が把握できる。

 

逆に、神経細胞など寿命の長い細胞、コラーゲンのように寿命の長いタンパク質やDNAではダメージが長時間蓄積される。

 

また腎臓の糸球体、目の網膜細胞、ランゲルハンス島のβ細胞など代謝の活発な細胞でも、ダメージが蓄積しやすい。

 

さらに血管の上皮細胞は糖化によって直接傷つけられ、冠動脈の入り口など血流の多い場所にアテローム性動脈硬化症などを引き起こすこともある。

 

ダメージは場所によって様々です。入れ替りやすいところもあれば、入れ替りにくいところもある。

 

目や卵子など、入れ替らない細胞はアウトです。次世代に影響するので、卵子の糖化には注意が必要です。

 

卵子が老化する原因と防ぎ方。卵子の質を悪化させない食習慣は、不妊症の改善にも期待できる

 

 

そして、歳をとれば代謝が落ちてきますから、入れ替る細胞も、代謝のスピードはもっと落ちるでしょう。

 

 

 

寿命との関わり

 

1971年から1980年のデータで糖尿病患者と日本人一般の平均寿命を比べると男性で約10年、女性では約15年の寿命の短縮が認められた。

 

このメカニズムとして高血糖が生体のタンパク質を非酵素的に糖化反応を発生させ、タンパク質本来の機能を損うことによって障害が発生する。

 

この糖化による影響は、コラーゲンや水晶体蛋白クリスタリンなど寿命の長いタンパク質ほど大きな影響を受ける。例えば白内障は老化によって引き起こされるが、血糖が高い状況ではこの老化現象がより高度に進行することになる。

 

同様のメカニズムにより動脈硬化も進行する。

 

また、糖化反応により生じたフリーラジカル等により酸化ストレスも増大させる。

 

動脈硬化もコレステロールが犯人ではありません。

 

 

糖化です。動脈糖化です。

 

この事実を知って、「後で気をつければいいから、今は好きなだけ不摂生をしよう」と思えますか?

 

でも、体の丈夫な人は、元に戻りにくい等と言われても、現実味がないと思いますので、分かりやすい実例を挙げます。

 

 

AGEの特徴である、「元のタンパク質には戻らない」、「長いこと人間の体内にとどまる」という記述を読んで、女性ならピンとくると思います。

 

セルライトってありますが、見事にAGEの特徴を兼ね備えています。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

分かりやすい糖化

 

 

セルライトは糖化なのです。

 

 

あれは普通の脂肪ではありません。どこからどう見ても「劣化した状態だ」というのがわかりますね。

 

触っても硬いし、筋トレしても、マッサージをしても、なかなか元に戻りません。痩せても表面に残っている不思議な物体です。

 

 

紹介した本の冒頭にも「タンパク質が砂糖まみれになって固まった物質」をAGEとイメージするよう述べられていますが、セルライトのあの意味不明な硬さも、いつまでもある性質も、これにあてはまります。

 

 

糖質制限開始前の私の体重は42kg以上になることはありませんでした。痩せていましたが、それでも気が付いたらセルライトが出来ていました。

 

断食や一日一食を続けていた時に、体力が落ちて、運動をサボりがちになった事があったのですが、そのちょっと油断した隙にできてしまいました。体重は落ちていたし、食事量も減って、太る要素などなかったのですが、何故かそういう事になったのです。

 

また、この時、体力が落ち、体温も低下していたので、代謝も非常に悪くなっていたと思います。

 

一日一食だと、お腹がすいて一食でドカッと食べてしまい(しかも、糖質中心メニューを)それがいけなかったのかなとも思っています。

 

何とかしてセルライトを落とそうとしたのですが、普通の運動では落ちませんでした。

 

 

糖化が原因だと知ったのは、糖質制限をしてからのことです。一応、糖質を断ったことで、それ以上の増殖はしなくなりました。

 

ですが、めでたしめでたしではありません。

 

糖質抜きで、筋トレやマッサージをして、セルライトのうち80%くらいは落とせました。ですが、まだまだ手や足を捻りあげると、浮き出てくるので、一度できてしまった物を落とすのは指南の業と言えそうです

 

セルライトの性質は、他の健康的な肌の部分と比べても、完全に変質しているといえます。ただ痩せるだけでは、あの弾力性のない肉感はなかなか一新しません。この辺は今後の課題です。

 

セルライトを見てもわかるように、糖質を止めたからといって、いきなりチャラになるわけではありません。

 

そして、「糖化」はセルライトだけではありません。表れる場所は人によって様々です。

 

 

このような現象が、肌以外にあちこちで起こっていると思うとゾッとします。

 

 

スポンサードリンク

 

 

糖化には様々な症状がある

 

私に起こった糖化で目立っていたものは、「セルライト」の他に、「胃下垂」、「関節の音がする」・・・があります。

 

しかし、誰でも、必ず同じ場所に影響が出るわけではありません。

 

人によって様々です。

 

『老けたくなければファーストフードを食べるな 老化物質AGEの正体 著者:山岸昌一』より引用

 

AGEの正体は何かといいますと、糖化物質です。体内にあるタンパク質が糖化した結果、本来のタンパク質とは似ても似つかないものになった。

 

AGEはちょうどお菓子のように、表面にベタベタと糖がくついたような姿を想像されたらいいと思います。元はきれいなタンパク質だったのに、砂糖でまぶしたようにベトベトになって、本来の働きがまったくできなくなった。

 

糖尿病が進行するとそれらが体中のいたるところに広がり増えていきます。唾液にも、爪にも、皮膚にも、髪の毛にも、いろいろな臓器にも…..。でも唾液を構成するタンパク質と、皮膚を構成するタンパク質では種類が違います。ですから、できあがったものはそれぞれ違う。一つの名称では呼べません。

 

そこでタンパク質が糖化したことを「AGE化」したと呼び、AGE化した糖化物質をひとまとめにして「AGE」と名付けたのです。

 

AGEには、元のタンパク質によってさまざまな種類があります。糖のたんこぶがタンパク質のどの部分に、どんなふうにつくかによっても性質が変わってきます。もちろん、くっつく 糖の種類によっても違います。

 

一説によると、AGEは何十種類もあるのではないかと言われています。

 

皮膚のように一ヶ月で入れ替わるもの、ヘモグロビンを含む赤血球のように四ヶ月で入れ替わるもの、骨のコラーゲンのように二~一〇年で入れ替わるもの、それぞれAGEから受ける影響も変わってきます。

 

目の水晶体を構成するクリスタリンというタンパク質は一生変わりません。つまり、生まれたときからのAGEの蓄積をそのまま受けつづけます。神経細胞も心筋細胞も一生変わりません。そういう場所のAGEはずっとたまったまま、組織に影響を与えつづけています。

 

また、AGE化は体中で進行していますが、患者さんによっては腎臓だけが悪くなって、目はまだ大丈夫な人もいます。個人差もあります。もし白内障の原因が100%AGEだとすると、どんな人でもAGEがたまりつづければ、必ず白内障が起きるはずです。

 

しかし現実にはそうはなりません。

 

なぜなら同じ量のAGEがあっても、パンクしてしまう臓器とまだ耐えられる臓器がある。低い量のAGEしかなくても、別の因子が加わったために、障害が出てしまう臓器もあるからです。

 

つまりAGEがそれぞれの臓器に与える障害の度合いは、他の因子によって薄められたり、濃くなったりするのです。AGE化は体中で起きていますが、症状のあらわれ方は臓器それぞれ、人それぞれだということです。

 

(38p~39p)

 

人々が「糖質の危険性」に気が付けない理由は色々ありますが、

 

その中でも、「原因は同じでも、表れる場所・結果が、人によって違う」事が大きいと思います。

 

 

例えば、糖質を食べていて「ある部分」に問題が生じたとします。

 

もし、周囲を見わたした時、他の人も同じ原因(糖質)で、「同じ部分」に同じ問題が生じていたなら、「これは糖質が原因だな」と誰でも考えると思います。

 

しかし、何故か同じように糖質を食べている人に、同じ症状が起きていない場合、ほとんどの人は、「原因は他にあるだろう」と考えてしまいます。

 

 

原因が同じなら、結果も同じだろうという思い込みがあるからです。

 

その範囲外の思考が働かないのです。

 

しかし、たった1つの原因で、様々な病気になる・・・それが糖質なのです。

 

『Wikipedia 糖化反応』より引用

 

生体内糖化反応は主に血液中に吸収されたグルコース、フルクトース、ガラクトースなどの単糖を用いて行われる。

 

このうちフルクトースとガラクトースは、グルコースに比べて約10倍も糖化反応に使われやすい。

 

糖化反応は、これらの分子が後に受けることになるアマドリ転位反応、イミノ転位反応、メイラード反応など複雑な反応の第一段階となる。

 

生成物の中には害のないものもあるが、反応性が高く、老化現象の主原因として、アンチエイジングの観点から注目されるようになってきている。

 

糖尿病、心臓病、アルツハイマー病、癌、末端神経障害、難聴、失明などの原因となるものもある。

 

病気の種類が広範に渡るのは、糖化反応がとても基礎的なレベルで分子と細胞の関係を阻害し、過酸化水素などの強い酸化剤を生成するからである。

 

※「過酸化水素 かさんかすいそ」は、活性酸素の一種です。

 

※「フルクトース」は果糖です。「フルクトース」と「ガラクトース」の糖化は「ブドウ糖」の10倍です。お菓子を止めて果物が健康的…は、逆効果になる事があります。

 

ローフーディストやベジタリアンの真実。肉を避け野菜や果物を多く食べる人に見られる肌の特徴と、健康上の問題

 

 

糖質は癌や膠原病などの大病の原因でもありますが、それらにならないからといって、「体の中で何も問題が起こっていない」と考えるのは早合点です。

 

 

『Wikipedia AGEs』より引用

 

影響

 

AGEsは体内の細胞や分子のほぼ全てのタイプに影響を与え、加齢の一因でかつ加齢性慢性疾患の原因であると考えられる。

 

あなたが食べた糖が、たまたま「その病名の病気」を起こさなかったというだけであって、他のところで悪さをしている可能性は十分あります。

 

関節かもしれませんし、脳かもしれませんし、もしかしたら動脈硬化を起こしているかもしれません。血管はタンパク質で出来ていますから、その血管が糖化すればどうなるか、想像がつきますね。

 

 

このように、「糖質が原因だと思われていないだけで、実は糖質が原因の病気」はたくさんあります。

 

思われていない理由は、原因が糖質なのに、糖質でない別のものに罪をなすりつけているからです。

 

 

例えば、動脈硬化であれば、悪いのは「コレステロール」となっています。

血圧と、本態性高血圧の原因について分かりやすく説明してみた

瞼に脂肪の塊ができる「眼瞼黄色腫」の放置は要注意!意外な原因と解決方法とは

炎症についてわかりやすく説明してみた

 

 

90%の人がなる「本態性高血圧」は、悪いのは「塩」となっています。

血圧が高いほど健康で長生きできる!原因を根本的に間違えている高血圧の食事や治療

血圧と、本態性高血圧の原因について分かりやすく説明してみた

 

 

癌であれば、悪いのは「発がん性物質」となっています。

癌と闘うという発想の間違い。そもそも癌細胞は敵ではない

 

 

前者は2つは「糖質」、後者は糖質が分解されたブドウ糖を代謝する時にできる「乳酸」の蓄積が原因です。

 

病名は様々ですが、原因は糖質、そして、その原因を他になすりつけているという構図は同じです。

 

 

原因を履き違えているので、誰も糖質が悪いと思いません。悪いと思わないから、平気で食べます。

 

 

様々な病気の「縁の下の力持ち」が糖質なので、あれもこれも糖質が原因だと指摘する機会は必然的に多くなります。そうしますと、

 

 

「なんでもかんでも糖質、糖質、糖質、言いやがって!」

 

 

と、お叱りを受けることがあります。

 

 

でもね、仕方ないんですよ。糖質をバクバク食っていたら、体内で起きて欲しくない化学反応が起きてしまいます。化学反応が起きるのは自然であって、私のせいではありません。

 

どこそこが「痛い」とか、「しんどい」とか、病気の相談をされた時、その人が糖質常習者であれば、私は一番にその事を指摘します。

 

 

 

スポンサードリンク

 

 

 

糖質を食べる時は、毒性を認識したうえで

 

 

「糖質は摂っても問題は起きない」「当然食べるべきものだ」と思っている人は、一日に摂取する糖質量をほとんど気にしません。

 

まぁ、私も人のことは言えません。

 

過去に私が食べていた糖質量は、最も多い時で、主食、野菜、間食、一日2回飲むチャイに入れる甘味料です。この糖質を数値に換算すると、230~260gくらいを平均して摂っていました。

 

この数字だけ見れば不健康です。

 

でもこれ、わざと「不健康になろう」と思ってこれだけの糖質を摂ったのではありません。

 

糖質の害を知らなくて、「バランスよく食べれば健康になるだろう」、「野菜を多めに摂れば健康になるだろう」と、健康になる事を目的に食べていてこうなったのです。

 

 

これが無知の怖ろしさです。

 

 

正確には勉強しなかったわけではありませんが、「どうでもいい枝葉の知識」を集めても、「本質」に気付かないとこうなります。

 

 

意外に思われるかもしれませんが、「間食」や、「チャイに入れる砂糖」よりも、穀物や野菜の方が糖質を摂取する割合が多いのです。

 

 

230~260gという糖質量を見れば、お菓子ばっかり食べていたように見えますが、決して何か1つを偏って食べていたわけではありません。大部分は、穀物や野菜に含まれている糖質なのです。

 

この事実に気が付かなかったのが怖いのです。

 

私の場合は野菜をたくさん摂ろうとして、野菜のポタージュ(根菜がメイン)を作って飲んでいました。これと大好きな主食を3食食べれば、これだけで一日200gは楽勝です。

 

これに比べれば、間食の糖質などかわいく感じます。

 

バランスの良い食事×3食はこうなります。

 

一日230~260gということは、4日で1kg。つまり4日で砂糖一袋です。きっと恐ろしい量の糖質が体に余っていたことでしょう。

 

 

一日一食をしていた時は、200gいかなかったと思いますが、食事の回数が少ない分、一回分の食事量は結構なものでした。一回でも、糖質100gは楽勝で超えていました。

 

 

私は野菜を中心にして食べようとした為に、トータルでこのような糖質摂取量になったわけですが、ここまでではなくとも、多くの人がこれに近い量の糖質を食べていると思います。

 

一日3回主食を食べて、おかずを肉を控えた和風にすれば、それだけでとんでもない糖質量になります。

 

 

総合的に考えると、現代人は糖質の過剰摂取だと思いませんか。

 

私の場合も過剰摂取で、当然、あっちもこっちもおかしくなったわけです。

 

私は自分の失敗があるので、人から健康の相談をされた時は、真っ先に糖質の摂取量に注目します。

 

もちろん原因が糖質ではない場合もあります。しかし、その症状を見聞きする限り、糖質を止めればかなり改善を見込めるものが多いのです。

 

糖質を断って、それでも症状が続くのであれば、その時はまた別の分析をする必要がありますが。

 

 

スポンサードリンク

 

 

糖質を減らす時に注意しなければならない事

 

糖質の悪い面を伝えてきたので、これを機に糖質を減らそうと考える方もいると思います。

 

ですが、ハッキリ言います。

 

糖質制限は、先に理論を勉強して始めた方が良いです。私はかつて、情報があまりない状態で糖質制限をして、失敗し体調を崩し、再び糖質制限を始めるまでの間、何年も糖質制限否定派でした。

 

しかし、2年前に糖質制限を再び始める前に、何をしたら失敗するか、どうすれば上手くいくかを勉強した上で実践したら、おもしろいぐらい体が丈夫になっていきました。

 

知らない状態で実践することは危ないです。情報収集は不可欠です。

 

ここでは、少しだけ、多くの人が間違いやすい事を指摘しておきます。それは、「タンパク質」と「脂質」の補給です。

 

 

●タンパク質

 

体の修復には、材料である「タンパク質」が必要です。こちらを補給する事も大事です。

 

しかし、長年糖質ばかりを食べてきた人は、胃が糖化しているので、タンパク質を多く食べられません。「気持ちが悪くて肉が食べられない」という人は多いです。そこで、「やっぱり肉は体に合わない」と言って止めていきますが、それは、肉が悪いのではなく、胃が糖化している事が問題なのです。

 

胃もタンパク質ですから、糖質で弱っていき、修復にはタンパク質が必要です。

 

私は胃が重度の糖化で、肉が苦手だったのですが、いきなり糖質を10g以下にして、むりやり肉を食べて2ヶ月ほどで胃が丈夫になりました。これでも成功しましたが、最初がしんどいので万人受けはしません。

 

最初は「プロテイン」で慣らすなど、工夫をしてタンパク質を摂る人もおられます。

 

 

●脂質

 

糖質を減らす場合は、「脂質」が必ず必要です。

 

人間は「糖質」、「脂質」、「タンパク質」を材料にエネルギーを作っています。「タンパク質」は体の主成分になるので、エネルギーとしては当てになりません。なので、主なエネルギーは「糖質」と「脂質」になります。

 

「糖質は問題が多いので減らす」となった時、タンパク質は摂るけど、脂質は摂らない・・・ということをすれば、主なエネルギーの材料が無くなるので、確実にエネルギー不足になります。

 

具体的に言うと、材料がないと、エネルギー物質である「ATP」という物質が作れなくなるのです。生体は「ATP」がないと生きていけません。だからこそ、糖質を減らしたら、脂質を摂らなければいけないのです。

 

「脂質は怖い」と思われますが、間違いです。糖質制限で脂質抜きは危険です。詳しくは以下をご覧下さい。

 

 

脂質が危険と言われる理由については、

【脂質+タンパク質】は良くて、【糖質+脂質+タンパク質】が良くない理由

 

エネルギー物質の仕組みについては、

ATP(アデノシン三リン酸)について分かりやすく説明してみた

エネルギー代謝について分かりやすく説明してみた

 

 

 

健康に必要な条件

 

「健康になりたい」、「体を修復させたい」なら、糖質の摂取量を見直す必要があります。

 

糖化のリスクを減らすことで、体の回復力はアップします。

 

免疫細胞だって細胞です。主原料はタンパク質です。糖質は細胞を劣化させる原因なので、免疫細胞も糖化で弱っていきます。

 

回復力の足を引っ張りながら体を改善させようとするのは、穴の開いたバケツに水を注ぐように、かなり効率が悪いです。浪費を止めずに貯金をするのが難しいのと同じです。

 

細胞はタンパク質で構成されていることを忘れてはいけません。そして、化学反応でタンパク質が変性するということは、体のどこが痛んでも不思議ではないのです。

 

 
スポンサーリンク

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る