ブログの方針の変更

ブログを長い間休んでいる間に、私の生活環境は変わりました。

 

 

そして、社会やインターネットの世界も変化しました。

 

 

従って、今までのようなブログの運営を、改めようと考えています。

 

 

まだ、迷っている部分もあるので、とりあえず、今思っている事をお話しまます。

 

 

自分の変化について

 

 

以前は、ブログに時間をかける余裕がありました。

 

 

その為、定期的に更新したり、読者さんのコメントやメールには全て返信するということができました。

 

 

今後は基本的に、定期的な更新はしない、コメントやメールの返信はしない、とします。

 

 

マルチタスクが苦手なので、無理にやろうとするとパンクするからです。

 

 

気楽に運営する方が、自分の性格にあっているので、書きたいと思った時に更新、余裕がある場合のみ返信します。内容によっては、記事で取り上げることもあります。

 

 

コメントの投稿は、最初は承認制にしています。一度承認されると、2回目からその端末では承認なしです。そういう設定にしています。

 

 

見苦しい内容でなければ、承認します。

 

 

返信しないといっても、頂いたコメントやメールには、これまで通り目を通します。

 

 

私のブログは、健康を扱っているので、健康相談のような質問が多いです。

 

 

私が経験したことであれば、すぐに答えられますが、似たような環境、体質の人は少ないです。

 

 

環境や体質が異なる人の方が多いです。すると、自分の体験した事ではないので、すぐには答えられません。

 

 

日頃から、「自分に関係ない症状」でも、知識として取り入れるようにしていますが、自分が体験していない情報を人に伝えるのは、情報ソース、他人の過去の事例を紹介したりと、時間がかかります。

 

 

健康のことなので、なるべく有益な情報を提供したいからです。

 

 

気軽に100文字前後で返す...ということができません。

 

 

時間があっても、捌ける数が限られています。

 

 

そういう理由で返信しないだけなので、読者さんの体験等、情報提供はありがたいと思っています。

 

 

社会的な変化について

 

 

読者さんの投稿やメールをなるべく受け付けるのは理由があります。

 

 

気付いている方もいらっしゃるでしょうが、ここ最近、ネット上での言論弾圧が激しくなってきています。

 

 

健康系や政治系の情報は、今後は目に触れないところに追いやられるようになるでしょう。

 

 

ネットも、社会のトップにとって都合のいい情報だけ、テレビや新聞と同じような運命になります。

 

 

例えば最近では、youtubeです。政治系のユーチューバーの広告がつきにくくなっています。また、一見問題ないコメントも勝手に削除されるという例もあります。

 

 

SNSもこれからは分かりません。

 

 

このまま放置していれば、一部の人達が発信した情報以外は許さないという社会になっていきます。

 

 

基本的に返信はしない事にしましたが、私は一般人の体験談や情報提供は貴重だと思っています。

 

 

従って、読者さんが情報を提供しやすいサイトであった方がいいのではないか...と思うのです。

 

 

 

ブログのテーマとは関係ない記事も書きます

 

 

現在は、医療、健康に関するサイトは、Googleの検索結果では、表示されにくくなっています。

 

 

専門家の書いた意見や、専門家の意見を後押しするような情報が、検索結果の上に表示されます。

 

 

私のように、従来の医療を否定するような記事は、書いても書いても目に留まらない場所に追いやられるようになってきました。

 

 

だから今後は、医療・健康系以外の話も書きます。入口をたくさん作る為、拡散の為です。

 

 

有益な情報を埋もれさせない為にどうすればいいかを常に考えながら、緩く、気まぐれに運営していきます。

 

 

 

以上が、今のところ考えている、サイトの方向性です。

 

 

 

スポンサーリンク