タグ:代謝の記事一覧

試してみたらこうなった

食や健康の話題をメインに、アリヤが試した結果をお話します。

タグ:代謝

エネルギー代謝について分かりやすく説明してみた

「代謝(メタボリズム)」とは、体内で起こる化学反応の事です。

 

そして、生体内の代謝には、大きく分けてつあります。

 

 

  • エネルギー源である「ATP」を作る代謝

 

  • 「ATP」を使って、「ATP」以外のものを作る代謝

 

 

細胞には、後者「ATP以外のもの」を作る任務があります。しかし、その活動に必要なエネルギーも自分で作らなければならないのです。

 

 

本記事では、前者の、エネルギー源であるATPを作る「エネルギー代謝」についてお話します。

 

 

 

「ATP(エーティーピー)」は、簡単に言うと、エネルギーを溜め込んで充電がMaxの電池のような状態です。

 

また、エネルギーを放出して空っぽの状態を「ADP(エーディーピー)」と言います。

 

 

ATPとADP

 

 

 

そして、充電するには、何段階もの化学反応が起きます。

 

 

この「ATP」のエネルギーが無ければ、生体は生きていくことができません。当然、後者の「ATP以外のものを作る」代謝も行なわれません。

 

不足すると、慢性疾患の原因になります。

 

その為、「ATP」を作ることは重要なのです。

 

 

そして、「ATP」の材料は、糖質、脂質、タンパク質です。このうち、燃料としてあてになるのは糖質と、脂質です。タンパク質は体の主成分になりますが、燃料としてはイマイチで、あまりあてになりません。

 

 

「ATP」については以下の記事で説明しています。
ATP(アデノシン三リン酸)について分かりやすく説明してみた

 

 

 

この記事の続きを読む

ATP(アデノシン三リン酸)について分かりやすく説明してみた

ATP(アデノシン三リン酸)について分かりやすく説明してみた

 

厚生労働省と農林水産省が推奨している「食事バランスガイド」を真面目に守っていれば、確実に「質的な栄養失調」に陥ります。

 

 

質的な栄養失調とは、「糖質過多 タンパク質不足 脂質不足 ビタミン不足 ミネラル不足」の状態です。

 

 

 

これの何がいけないのか?

 

 

・・・それは、生物が活動する為に必要なATP(えーてぃーぴー)という化学物質が足りなくなるからです。

 

 

 

「ATP」が十分にあることで、心臓も動き、呼吸し、体を動かすことができます。

 

 

もし「ATP」が不足すると、多くの慢性疾患を引き起こします。

 

 

そして、どの生物も「ATP」が無くなると死にます。

 

 

質的な栄養失調が原因で、生命活動に必要な「ATP」が不足する・・・

 

 

そうなってはいけないので、本記事では、「ATP」の重要性についてお話します。

 

 

 

この記事の続きを読む